エレメントで働いている仲間を紹介します!

エレメントで働いている社員の方、アルバイトの方の紹介をします! どんな方が働いているのか、どんな業務をしているのか知ることができます。
エレメントの雰囲気を少しでも感じていただければと思います。

先を考え、成功も失敗も楽しむこと。

SHOTA WATANABE

卓球事業部メディアディレクター渡邊昭太

プロフィール

東京都市大学環境情報学部情報メディア学科 2015年卒業
私は就職活動中、求人サイトも活用はしていましたが、「自分のやりたいこと」ができる会社に就職したいと思い、興味のある内容の企業サイトを見ていたところ、株式会社エレメントに興味をもちました。私は中学・高校と卓球部に所属しており、毎日のように練習していました。その後大学に進学し、メディア・デザインについて学びました。
エレメントのサイトを見たとき、自分が今まで取り組んできたことの「卓球+メディア」を
生かせると思いました。

具体的な仕事内容

主な仕事内容は卓球通販をメインとした卓球メディアの企画・運営に携わっています。
通販では販売促進・管理を行っております。日本で1番の卓球通販サイトを目指し、
よりよいサービスを提供するための仕組み作りを日々、試行錯誤しています。
メディアでは、卓球業界に変革を起こそうという事業部の想いのもと、常に新しいことを
見つけて実践しています。

自分のやりたいことを実現できる。 そのなかで得られる経験は自分の成長につながります。

業務のやりがい

やりがいとしては、自分の行動が結果に直結することです。
私は入社1年目でエレメントの新規事業の卓球事業を任されました。
責任も大きかったですが、普通の企業では新入社員が経験できないような経験もさせていただきました。自分が考えたことが実現していく喜びはエレメントだからこそ味わえたと思います。また新規事業をゼロからスタートさせるということは、自ら考え行動しなくてはいけません。また何をすれば成功につながるかわからないので、自分たちの成功・失敗をもとに試行錯誤し自ら作り上げていきます。なので卓球事業部の一人ひとりの責任は大きいものになります。ですが良い結果が出た時、私のした企画や運営法が成功したんだということが、結果としてはっきり見えてきます。責任の大きさと共に苦労もありますが、それを経て良い結果が出た時の喜びは、苦労の何倍もの喜びになりますね。

業務の大変な点

私の場合、大変な点は先述のやりがいと重なる部分が大きいです。
ゼロから作り上げていくこと・成功するか失敗になるかわからないこと・責任の大きさ、
通販での作業の量など多くの大変な点が挙げられます。しかしこの大変さがあるからこその成功できると感じています。たくさんの失敗を重ねながら、改善しより良いものをつくっていく大変ですし、落胆することもありますが、裏を返せば「やりがい」です。
大変なことには変わりはないですが、それをいかに楽しめるかが大事だと思います。

プライベートの過ごし方

休日は友人と遊びに行ったり、大学で軽音楽サークルに所属していたので、たまにライブもしています。一人で過ごすときは、多趣味なのでバイク・楽器・靴の手入れ・TV鑑賞など休みごとに順番にしていることが多いですね。

1日の流れ

10時:出社してメールチェック。通販のお問い合わせや注文を整理。
11時:通販サイトの管理。在庫の調整や、おすすめ商品の入れ替えなど
12時: バナーや画像をイラストレーターとフォトショップで制作
13時:昼食。社員やアルバイトの方と一緒に食べます。ボードゲームなどで遊んだりもします。
15時:卓球メディアの企画や打ち合わせ
17時:卓球メディアの制作
19時:退社

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー
Copyright 2017 AGENT